スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分撮りのモテバイブル「bidori.jp」

「bidori.jp」でオードリー出演の動画「美ドリームズ・スロット」を視聴してみました。

わたしが視聴したのは「日本列島コンプリートその1」です。まず、真っ先に思ったのは最近よくテレビで見掛けるようになった、お笑いのオードリーに、とても勢いを感じることができました。チョットした絡みでも、とても面白く「さすが」だと思いました。次に動画を観ていて「美撮りモード」搭載のEXILIMケータイ「SoftBank 930CA」にとても興味を持ちました。わたし自身が昨年カシオの動画をステレオで綺麗に撮影することのできるデジカメ「EXILIM EX-V8」を購入したこともあり、カシオのデジカメには一目置いていたこともあるのですが、とても製品の魅力が伝わってきました。わたしは男性ですが「SoftBank 930CA」で自分自身を「美撮り」したくなりました。

今回紹介した動画に興味のある方は、ぜひ「bidori.jp」へアクセスして視聴してみて下さい。



スポンサーサイト

iタウンページの動画CMコンテスト

iタウンページのスペシャルサイトの動画CMコンテストのなかで、わたしが特に気に入った動画は眞鍋かをりさんが審査した審査員特別賞の「colored」です。この動画CMのどこが気に入ったかとうと「ポップで鮮やかなカラー」と「テンポの良さ」です。眞鍋かをりさんのコメントと同様にわたしもカラフルでスタイリッシュなところがとても良い感じだと思いました。また、わたしはホームページ運営をしていて、ポップでスタイリッシュなサイトにしたいと、いつも思うのですが、カラーの配色というのは難しくなかなか上手く行きません。この動画CM「colored」を観て、いつかこの動画のような洗練されたサイトを作れるようになりたいと思いました。

上記した「iタウンページ」の動画CMに興味のある方は一度、観て下さい。



「エリートヤンキー三郎」、まさかまさかの映画化!

「エリートヤンキー三郎」の映画版が2009年2月28日(土)から公開されます。



わたしはドラマ「エリートヤンキー三郎」を観ていました。主人公の三郎にしてもそうですが、「三郎軍団」の全員が高校生に見えなかったところが、とても面白かったのを覚えています。早速、予告編のムービーを観てみましたが、期待通りのおバカさ加減に、笑ってしまいました。劇場でも大笑いする方がたくさんするのだろうと、勝手に想像してしまうほど楽しそうな映画だと思います。また、予告編のムービーを観ていて一人、どこかで見たことのある顔があったのですが、まさかこの映画に大物女優が出演しているはずはないと思っていたので、キャストに仲間由紀恵さんの名前を見つけたときは本当にビックリしました。

そんなこともあり本当に「エリートヤンキー三郎」は期待大の映画だと思います。



きつねと私の12か月

2009年1月10日(土)に「きつねと私の12か月」が公開されます。

わたしはこの映画にとても期待しています。なぜならわたしの自宅はケーブルテレビに加入しているのでCS放送を見ることができるのですが、以前、CS放送で「きつねと私の12か月」の監督であるリュック・ジャケさんの「皇帝ペンギン」が放送されていたときに、ハードディスクレコーダーに録画して観たのですが、とてもわたし好みの映画だったからです。そのため、この「きつねと私の12か月」にも、とても期待しています。フランス・アルプスの美しい自然のなかで、描かれる野生のきつねと一人の少女のストーリーを、ぜひ満喫したいと思います。



「キチンとチキン♪」笑顔になれる動画募集



「キチンとチキン♪」笑顔になれる動画コンテストのサイトを見てみました。このコンテストは松浦亜弥さんが歌うファミリーマートのフライドチキンのキャンペーンソング「キチンとチキン♪」の完成にあわせて開催されている「思わずみんなが笑顔になれる動画」を募集しているキャンペーンです。優秀作品はデジタルビデオカメラをはじめとする豪華な賞品をもらうことができます。優秀作品の発表は2月中旬にファミリーマートのホームページ内で発表される予定ですので、もし、「キチンとチキン♪」笑顔になれる動画コンテストに興味があり、応募方法などを知りたい方はサイトへアクセスして下さい。

上記に掲載している「キチンとチキン♪」のメイキングムービーをはじめとする動画が公開されていて、サイトはとても楽しいです。





SANYOデジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」

掲載している動画は一般の方から、「Xacti」の動画を募集した結果、企業入選をした「撮影しながらお散歩が楽しめる」です。



このSANYOデジタルムービーカメラ「Xacti」のCMの絵は、かなりいい加減なタッチの絵に見えるのですが、そこがなぜか、インパクトがあり、わたしは、かなり気に入りました。また賞を受賞するだけあって、もっともCMで重要である商品の魅力も、この作品はしっかりと伝えていると思いました。犬と遊びながら動画を「Xacti」は撮影することができることが、このCMのワンシーンを観て分かりました。以上の点からも興味のある方には、ぜひ見てもらいたい作品です。

SANYOデジタルムービーカメラ「Xacti」の詳細はオフィシャルチャンネル「XactiChannel」やオフィシャルサイトで確認して下さい。



ビデオスタジオでオリジナルムービー

Corel VideoStudio12 Plusは「ビデオ編集」に興味のある方に最適なソフトです。編集したハイビジョン映像を「ブルーレイ」へ書き込むこともできます。もし、オリジナルムービーを作りたいと思っている方で、「Corel VideoStudio12 Plus」のことをもっと詳しく知りたい方がいれば、ぜひチェックしてみて下さい。

わたしは「ビデオスタジオ12」を使って、オリジナリティー溢れる、クオリティーの高い子供の成長の記録のビデオを作りたいと思います。まず、「ビデオスタジオ12」はペインティング動画を簡単に作成することができるので、子供が字を書けるようになったら、子供に手書きで絵や文字を書いてもらい、将来「こんなときもあったんだなー」と思えるような、時間が経っても笑って観ることのできる楽しいビデオにしたいです。また「ビデオスタジオ12」には「60年代風映像」などのフィルタがあるので、フィルタを上手に使って観ていても飽きることのない演出のビデオにできたら良いと思います。



インテル高性能CPU搭載東芝ノートPCのCMコンテスト

以下に掲載しているのはインテル高性能CPU搭載の東芝ノートPCの動画コンテストでユーザ大賞を受賞したCMです。動画コンテストのCMに興味のある方は、ぜひ観て下さい。

わたしは、このCM「はじめてのおつかい」を観て、女の子がパソコンのスペックを早口で言っているところに、まず驚かされました。もちろん台本とかはあるのだと思いますが、あの年齢で噛まないで、あれだけしっかりと読めるというのはスゴイと思います。また女の子が「あっかんべー」をしながら、目をグルっと回しているところをはじめ、まさに「子供らしい子供」が表現されていて、とても良いCMだと思いました。最後に、このCMを観て、「自分の子供時代はどのような子供であったのだろうか」というのが少し気になりました。(年でしょうか。)





開催したいコンサート

東京クラシックコンサート東京コンサートに興味のある方もいると思います。クラシックコンサートも、もちろん素敵だと思いますが、わたしが開催してみたいコンサートは、80年代に活躍した世界の有名なロックアーティストをたくさん集めたコンサートです。観客層は30~40代で、日時はクリスマスが良いです。会場はやはり、たくさんの人が集まることができるように、東京ドームをはじめとする野球場が良いと思います。現実的にはこのようなコンサートを開催することは難しいと思いますが、もし、実現できたら素晴らしいと思います。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
定番ショップ
プロフィール

けむりんぱ

Author:けむりんぱ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。