FC2ブログ

「発芽玄米普及プロジェクト」

発芽玄米を食べた感想

発芽玄米というものを知ったのは、大人になってから玄米菜食に関心を持った後のことでした。玄米を一晩水につけて炊いていたことがありますが、夏場は冷蔵庫に入れたりして、けっこう手間がかかりました。

しかし、発芽玄米は、玄米をほんの少し発芽させた状態であるため、水分の浸透が早いように感じます。おかげで、白米と同じように炊いて食べられますし、玄米の状態よりも栄養価が高くなっているというので、一石二鳥です。白米から急に玄米に切り替えたときは食感に違和感がありましたが、少しずつ白米に混ぜていって、だんだん割合を多くしていくと慣れてしまいました。

白米に慣れていた感覚から比較すると、発芽玄米のほうが、玄米よりも食べやすく感じます。発芽玄米は噛めば噛むほど味わい深く、茶碗1杯をゆっくり食べるようになりました。

日本発芽玄米協会が委託する外部研究機関として2007年3月に発足した
「発芽玄米普及プロジェクト」は発芽玄米の普及と発芽玄米の様々な情報を発信しています。

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
定番ショップ
プロフィール

けむりんぱ

Author:けむりんぱ
FC2ブログへようこそ!

ブログ内検索
RSSフィード